スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの奇跡が起きましたww

今日は、F1ブラジルGPの予選。
いろいろあって雨もありました。途中だんだん晴れてきて、各車ドライで走りました。

結果は、誰も予想してませんでしたね。

続きを読む

スポンサーサイト

F1 2010 Rd.16 Japan GP 講座

10348965.png


鈴鹿サーキット
全長 :5.807km(17コーナー)
周回数:53
フルレース :307.771km

鈴鹿の攻め方は、1コーナーを飛び込む勇気とS字セクションをなるべく高速で突っ込んでいく、そして、デグナーを攻めて
ヘアピンをうまく立ち上がり、スプーンの攻め方をうまく決め、130Rは全開で攻めることが大事です。

去年は東だけ新コースで、西(デグナ-2)から旧舗装だったので、そこでトロロッソとコバライネンがクラッシュしてましたね。

そして、最終コーナーでグロックが予選クラッシュしてカムイ君のデビューを飾りました!

この事故がなければ、今日本人はいないでしょうね。


このコースのコースレコードは、2006年のミハエル・シューマッハの出した、1:28.954です。
果たして今年はそのタイムを更新してコースレコードが出るでしょうか??

去年は赤旗や新舗装など、いろんなことがあったので出ませんでしたが、今年のグリップ力では、
出るでしょうね。

そのためにも、新興チームは空気を読んでほしいですね。




最後に、予想です!

優勝は、F・アロンソ もしくは J・バトンですね。
ベッテルは、焦りに焦って2位に終わると思います。
ハミルトンは順当に3位キープで。

そして、カムイ君は予選順位が8番手で5位フィニッシュになると思います。
単純に応援していると言うか、このコース特性が高速コーナー(デグナー、200R、スプーン、130Rなど)なので、
そこでいい感じにタイムを削れるんじゃないでしょうか?

そして今回の最大のライバルこそ、我らがニック、ハイドフェルドじゃないんでしょうか?
前回のシンガポールは、ステルス発動していましたが、マシン・ドライバー共に合っているので、いい感じに上位争いしそうです。

その点で重要なのが、1コーナーやカシオトライアングルヘアピンでのクラッシュを避けることです。
ここは非常に狭いので気をつけてほしいです。


では、来週の今頃はどうなってるでしょうか?
非常に気になる日本グランプリ、お楽しみに!

シトロエン・ジュニアチームの写真


今日のライコネンチャレンジの際に、シトロエンの粋な計らいで、マシンを持ってきてました(笑)

明日には活躍をするはずですが(・_・;)

今回は写真をうpします

Kimi.Raikkonenのカート対決 vs素人 寅.千歳レラ


現在、待機中です。

なんと、地元と言っても良いここ、千歳に、2007年F1ワールドチャンピオンのK.Raikkonenさんが登場し、カートのタイムアタックをすると聞きました!

これは、見ないわけにはいかない!

大変楽しみです!!

F1前半戦を終えての現ポイントランキング

Drivers Ranking
01.L.Hamilton  157
02.J.Button   143
03.M.Webber   136
04.S.Vettel   136
05.F.Alonso   123
06.N.Rosberg  94
07.R.Kubica 89
08.F.Massa    85
09.M.Schumacher 38
10.A.Sutil 35
11.R.Barrichello 29
12.K.Kobayashi 15
13.V.Liuzzi 12
14.V.Petrov    7
15.S.Buemi    7
16.J.Alguersuari 3
17.N.Hulkenberg  2
18.P.De la Rosa  0
19.H.Kovalainen 0
20.K.Chandhok   0
21.L.Digrassi   0
22.J.Trilli    0
23.B.Senna    0
24.T.Glock    0
25.S.YAMAMOTO   0

コンストラクターズポイント
01.McLaren   300
02.Redbull 272
03.Ferrari 208
04.Mercefes GP 132
05.Renault 96
06.Force India 47
07.Williams 31
08.BMW Sauber F1 15
09.Toro Rosso 10
10.Lotus 0
11.HRT F1     0
12.Virgin     0



ドイツまで終わって、ウェバー3勝、ベッテル2勝、ハミルトン2勝、バトン2勝、アロンソ2勝です。
しかし、今回のドイツGPでアロンソ優勝についてはフェラーリのマッサに対するチームオーダーのおかげで
とったようなものなので、私は納得してません。

いくらペースが遅いからといって、だったら抜け!って話ですし。
アロンソもフェラーリももう少しおとなしくやってほしいものです。

さて、レッドブル・フェラーリの確執が発生しつつある中、マクラーレンやザウバーなどの仲のいいチームが
どれだけがんばれるかが今後の見所でしょう。

検索フォーム

プロフィール

幻想伯爵

Author:幻想伯爵
 
幻想は儚く散り・・・
現実は確実に進み・・・
妄想は膨らむ・・・

幻想伯爵ワールドへようこそ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在いる人
現在の閲覧者数:
合計閲覧数
NINJAカウンターに変更しました
ブログ村 ランキング
当サイトを1位にしよう!
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村
Twitter&FaceBook
Twitterをフォローしたりいいよ!をしていってください!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
当サイトのバナー
QRコード
QR
メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。